防災士とは?
防災士は「防災・減災」に取り組むボランティアです。

 「自助」「共助」「協働」を原則として、「公助」との連携に努め、社会の様々な場で、減災を進め、防災力向上を図る活動を行うため、防災・減災に十分な意識・知識・技能を有するとして、NPO法人日本防災士機構に資格認定された人たちです。

 機構の認定研修機関の講座を履修し、さらに救急救命講習を修了し「防災士資格取得試験」に合格した人たちです。


 防災士の役割とは?
大災害発生時には、警察・消防・自衛隊などの公的な支援の到着が遅れるのが現実であり、災害規模が大きくなるほど救助・救援は遅くなります。市民は消防・自衛隊等の公的機関が機能発揮できるまでの概ね3日間を、各自の家庭、地域や職場において生命・財産の被害軽減に努める必要があります。避難・救助・避難所運営等を、自治体、公的な組織やボランティアと協働して行う必要も生じます。そのため、平時から、防災意識の啓発、大災害に備える共助・協働の活動訓練、防災と減災、救助等の技術錬磨に取り組み、大災害に備えなければなりません。

 防災士はこのような防災・減災活動を地域と一体となって進めていきます

[管理]
CGI-design